*初めての方へ*デブスアラフォー日出子の婚活ブログに来ていただきありがとうございます。
このブログでは私の過去の婚活体験談日常のなんてことのない出来事を描いています。
読んでいただけると嬉しいです。
自己紹介はコチラです→登場人物紹介


第1話はコチラから↓


前回のお話はコチラから↓

前の話の続きです。

ひとつ前の婚活話はコチラから→年下男性と二人きりで会う約束の日がついに来た!【婚活体験談】 

 

今日私は年下男性のVさんとの約束をしています。

 

入念に準備をしてさあ出発…

到着したら待ち合わせまで時間があったので、一人で近くにある喫茶店に行きました。

(座りたかったのもある)

 

そして喫茶店で休んでいるとVさんから連絡。

【待ち合わせ時間に遅れる】と。

 

時間ができてむしろ良かった。

心の準備をしたかったから。

f:id:oba_kan:20210311225322p:image

 Vさんが指定した時間に近づいたので、待ち合わせ場所に戻ります。

 

f:id:oba_kan:20210311225332p:image

立っていると時間が長く感じる。 

 

行き交う人を見てVさんかどうかを判別していますが、全然見当たらず。

f:id:oba_kan:20210311225342p:image

Vさんの特徴。長身。 がっちり。

 

いないな~いないな~。

 

せっかく喫茶店で心を落ち着かせたのになぜか焦りが出てきました。

f:id:oba_kan:20210311225353p:image

 遠くにいる人を見ていた時、バシッと背中を叩かれました。

f:id:oba_kan:20210311225401p:image

Vさんでした。

 

声をかけるでもなく、背中をバシッと叩いて挨拶をしてくれました。

この時、ちょっと悪そうな顔をしていたのが印象に残っています。

 

片方の口角が上がっているような笑顔。

 

ー以前好きだった人に似ているな…ー

 

続きます。

次のお話はコチラ↓

いつもありがとうございます。

*サークルで出会った年下男子
 
LINEで更新のお知らせが届いてそのまま読むことができます。
↓登録してくれたら嬉しいです!
LINEで読者登録する