*初めての方へ*デブスアラフォー日出子の婚活ブログに来ていただきありがとうございます。
このブログでは私の過去の婚活体験談日常のなんてことのない出来事を描いています。
読んでいただけると嬉しいです。
自己紹介はコチラです→登場人物紹介

第1話はコチラから↓


前回のお話はコチラから↓


 ついにきました。

この日が…。

f:id:oba_kan:20210309220407p:image

活動を通じて知り合った年下男性のVさん。

Vさんと二人で会う約束していた日が来ました。

 

普段、化粧は最低限しかしませんが、この日は特別。

f:id:oba_kan:20210309220416p:image

 丁寧に丁寧に…。

 

少しでもキレイに見えるように。

『あっここはこうした方が良いかな…?』

『色は何色にしようかな…?』

 

服だけではなく、化粧もどんな感じにするのかをあらかじめ決めておけばよかった。

 

f:id:oba_kan:20210309220442p:image

 少し濃く仕上がりましたが、まあ…許容範囲。

f:id:oba_kan:20210311225059p:image

 髪の毛を下ろしてフィニッシュ。

特に巻いたりせず、アホ毛を抑えて終了。

 

そしてVさんとの待ち合わせ場所に向かいました。

Vさんが指定したところは私があまり行かない地域。

 

Vさんがお店を決めてくれたのです(嬉しい)

f:id:oba_kan:20210311225114p:image

待ち合わせ場所に到着。 

ギリギリに到着するのは苦手なので早めに到着。

 

待ち合わせ時間まで少し時間があるので、

近くにあるカフェに入ることにしました。

f:id:oba_kan:20210311225128p:image

 時間をつぶしていると、Vさんから連絡が来ました。

 

『もしかして…来られなくなった…?』と少し心配しましたが

f:id:oba_kan:20210311225239p:image

 遅れるという連絡でした。

 

f:id:oba_kan:20210311225247p:image

むしろ心の準備ができるから時間ができて良かったかも。

続きます。

次のお話はコチラ↓

 

*サークルで出会った年下男子

  LINEで更新のお知らせが届いてそのまま読むことができます。
↓登録してくれたら嬉しいです!
LINEで読者登録する