*初めての方へ*デブスアラフォー日出子の婚活ブログに来ていただきありがとうございます。
このブログでは私の過去の婚活体験談日常のなんてことのない出来事を描いています。
読んでいただけると嬉しいです。
自己紹介はコチラです→登場人物紹介

第1話はコチラから↓


前回のお話はコチラから↓

 

婚活は停滞中。

・・・っていうか今まで順調に婚活が進むことなんて滅多になかったけどさ。

 

だから自分から動くことにしました。

 

 

f:id:oba_kan:20210304173209p:image

 今日の朝は

f:id:oba_kan:20210304173217p:image

 良い朝です。

f:id:oba_kan:20210304173339p:image

 

f:id:oba_kan:20210304173346p:image

 年下男性のVさんに【お茶しませんか?】と誘ったのです。

 

Vさんはとてもフットワーク軽そうです。すぐにOKの返信が来ました。

 

『OKくれると思っていた~。(ホッ)』と心の中でつぶやきました。

 

Vさんにお誘いの連絡をするとき、少し不安になりました。

でもそれ以上に【きっとVさんならいいよって言ってくれるだろう。】と思っていました。

 

Vさんをお茶に誘いましたが、

f:id:oba_kan:20210304174253p:image

 飲み会で出会ったUさん

忙しい人です。連絡が取れたり取れなかったり。

また忙しくなってきたのか連絡が途絶えてるので…

とりあえずUさんの事は様子見しよう。

 

忙しいのに私(日出子)から連絡が何度も来るのは嫌だよね。

 

・・・・・

Vさんとのお茶する日もすぐに決まりました。

 

ドキドキとはまた違う感じで心が弾みます。ワクワクと言った感じ。

f:id:oba_kan:20210305211041p:image

 こんな心配はあるけれど

f:id:oba_kan:20210305211058p:image

 恋愛へと発展するか、友人になれるのか、それともただの知人もままなのか…。

 

今後どうなるか、自分がどうしたいのかも正直よく分かりません。

でもVさんとお近づきにはなりたいとは思いました。

 

続きます。


次のお話はコチラ↓

 

*サークルで出会った年下男子

LINEで更新のお知らせが届いてそのまま読むことができます。
↓登録してくれたら嬉しいです!
LINEで読者登録する