前の話はコチラから→【一つ屋根の下であなたと二人~初彼氏のRさん【婚活体験談】



 



 アラフォーで初彼氏ができた日出子です。



婚活パーティーを通じて彼氏のRさんと出会いました。



このブログでは私の婚活状況や独身アラフォーの日常を書いています。



読んでいただけると嬉しいです。



 



3回目のデートの日、Rさんは初めて私の部屋にお泊りしました。



次の日の早朝の話です。



f:id:oba_kan:20190925094203j:image



いつもよりも早く目が覚めました。 



 



Rさん…起きているかな?と様子を見に行くと?



f:id:oba_kan:20190925094244j:image



 まだ眠っていました。



 



私はすっぴんだったので寝ていてくれた方が都合が良いです。



f:id:oba_kan:20190925094217j:image



 起きる前に化粧をします。



 



(Rさんが起きる前に化粧を終わらせたいので)少し急ぎつつ、でもいつもよりしっかりと化粧をしました。



f:id:oba_kan:20190925094225j:image



バッチリ化粧した顔は相変わらず見慣れませんが、すっぴんよりはマシなのでこれで良しとしました。 



 



身だしなみを整えたところで、



f:id:oba_kan:20190925094320j:image



Rさんに声をかけます。



f:id:oba_kan:20190925094343j:image



でも全然起きる様子なく



f:id:oba_kan:20190925094351j:image



何度か言葉を変えて起こします。



(トントンと肩を叩こうと思いましたが身体に触れるのをためらってしまいやめました。)



 



その結果、数分後に起きたRさん。



f:id:oba_kan:20190925094401j:image



今まで見たことが無いくらいの険しい表情でした。



起こし方がまずかったかな...。



 



二人きりの夜はムードとかとは無縁でしたが、一回部屋に入ってもらうと『ああ、そこまで堅苦しく考えなくていいんだ...。』とホッとしました。



 



この日は私の特別な日になりました。



(いつも何かにつけて記念日にしたがるクセ)



 



続きます。



*初めての彼氏

LINEで更新のお知らせが届いてそのまま読むことができます。
↓登録してくれたら嬉しいです!
LINEで読者登録する