美意識が低すぎたデブスの日出子です。



アラフォーになって婚活を始めてから、自分の見た目のヤバさに気付きます。(遅)



それから化粧などを多少するようになりました。



まだまだ、普通の人よりも美意識は低いと思いますが、ボチボチ女子力が高まれば良いなと思っています。



 



そして少しでもキレイになって、婚活を成功させたい。そう思っています。



何も予定が無い日(←だいたいいつも予定なし)でもメイクの練習を兼ねて、メイクをしっかりめにすることがあります。



f:id:oba_kan:20190724084649j:image



よし…!バッチリ!



自己満足ですが、多少顔面がマシになったかな?



 



f:id:oba_kan:20190724084700j:image



 



f:id:oba_kan:20190724084708j:image



おてもやんと呼ばれました。



 なんか聞いた事あるような気がしますが思い出せません。



 



おてもやんを調べてみると…



f:id:oba_kan:20190724084723j:image



頬紅(チーク)が濃い人の事をそう呼ぶことがあるらしい。 (Wikipedia参照)



 



今度からチークを薄くしよう…!



と思っていると、



f:id:oba_kan:20190724084715j:image



全体的に化粧を薄くした方が良いっぽい。



顔と首の色が違いすぎるとも言われました。



(そういえば前も化粧が濃くて顔が白くなっているといわれたな…。)



 



ファンデーションも暗めの色にした方が良いのでしょうか?



気合を入れると顔だけ真っ白(首は黒い)状態をどうにかしたいものです…。