前の話の(好みのタイプの男性が現れた~婚活パーティー四人目の男性【婚活体験談】 )続きです。



 



アラフォーで婚活中の私は婚活パーティーにやってきます。



久しぶりの婚活パーティーは、なんだか好感触(な気がする)。



ちょっと浮かれていたところに四人目の男性が登場。



 



すごく素敵な男性と出会う事が出来ました。



この婚活パーティーに来てよかった!



f:id:oba_kan:20190507182102j:image



その素敵で私の超タイプの男性が同じ空間にいます。 



 



f:id:oba_kan:20190507182108j:image



しかも私の目の前に。 



 



何がタイプかというと…



仕事をすごく頑張っている感じで、



爽やかで、



鍛えていて、



しっかりとした話し方で…



 



少し話しただけで良いところがこんなにも。(いや、もっとある)



 



会話も良い感じに続いています。



f:id:oba_kan:20190507182116j:image



私は今まで特に趣味もなかったので、外で何かを見るという事はほとんどなかったのですが、



この人のパフォーマンスを見てみたいと強く思いました。



(仕事の内容は具体的には書けません。すいません。) 



 



見てみたいけど…初めて会った人に『見たいです!』とは言いにくい…。



…と思っていると、



f:id:oba_kan:20190507182130j:image



 『見にきませんか?』もしくは『見にきてください』のどちらかだったけど忘れました…。



 



突然の話に思考がついていきません。



ただただ驚いていると…



f:id:oba_kan:20190507182141j:image



社交辞令かな…? 



 



f:id:oba_kan:20190507182235j:image



 でも…



f:id:oba_kan:20190507182246j:image



せっかく誘うような言葉を言ってくれたのだもの。



それが社交辞令だとしても嬉しい。



 



『行きます。』と返事をしました。



満面の笑みで(ニヤケ顔だったかもしれません。)



 



続きます。




*6回目の婚活パーティー

LINEで更新のお知らせが届いてそのまま読むことができます。
↓登録してくれたら嬉しいです!
LINEで読者登録する