*初めての方へ*デブスアラフォー日出子の婚活ブログに来ていただきありがとうございます。
このブログでは私の過去の婚活体験談日常のなんてことのない出来事を描いています。
読んでいただけると嬉しいです。
自己紹介はコチラです→登場人物紹介

前の話(5回目の婚活パーティー【4】)の続きです。

 

私一人しか会場におらず(スタッフさんもいない)、一人でぼーっとしていると…。

後ろから声をかけられました。 

これが前回までの話です。

 

 

f:id:oba_kan:20181001095935j:image

 私にかけてくれた声が非常に優しい、穏やかな感じでした。

 

そして後ろを振り返ると、

f:id:oba_kan:20181001095941j:image

優しそうな中年の男性が立っていました。

 

年齢は、私よりも少し上でしょうか…、大人の落ち着いた雰囲気があります。

 

そして、優しそうなオーラが出ている…気がします(見えないけれど、そんな気がする)

 

f:id:oba_kan:20181001095948j:image

すごく丁寧なあいさつをしてもらい、「大人(年齢層高め)の婚活パーティーって良いかも!」と、(まだ始まってもいないけれど)来てよかったと思いました。

 

 

 

 しかし、

f:id:oba_kan:20181001095953j:image

なんでこんなに良い出会い方(?)をしたのに…男性の方からあいさつをしてもらったのに…

なぜ私は気のきいた事が言えないのでしょうか。

 

考えても、何から話して良いかわからなくなってしまいます。

・「年齢から聞くのは失礼かも…職業もいきなりすぎるか…。」

・「私の事を話そうか…、でも特に自分の事で話せるような事無いかも…。(致命的)」

・「天気の話が無難なのかな…?」

などと考えているうちに、時間が経っていきます。

 

せっかくの【2人で話すことができる時間】がただの【気まずい時間】になってしまいました。

 

 私のような人とうまく話せない人は、あらかじめ何を話すか細かく準備して(時にはカンペを作ったりして)おいた方が良いなと…。

 

 微妙な婚活パーティーの出だしですが、ここから挽回できるように頑張ろう…!と意気込みだけはある日でした。

 

続きます。

*5回目の婚活パーティー
【1】 【2】 【3】 【4】    

LINEで更新のお知らせが届いてそのまま読むことができます。
↓登録してくれたら嬉しいです!
LINEで読者登録する