前回からの続きです。


 


f:id:oba_kan:20180522100208j:image


 


f:id:oba_kan:20180522100214j:image


 


 


f:id:oba_kan:20180522100223j:image


 


f:id:oba_kan:20180522100226j:image


Gさんは喫茶店を出ると、私の随分近くに寄ってきたのです。


 


嫌だな…と思っていると、さらに近くに寄り…腰に触れていました。


 


行こうとするところを頑なに言おうとしないGさん。

でもどこかに向かおうとしている。


 


この雰囲気はまずいと感じて、早口で別れの挨拶をして駅に走りました。


 


 


本当にGさんの考えていることが理解不能です。


すごく上から目線で本命じゃないアピールをしてきたのに


急にベタベタ…。


 


もしかして都合の良い女を探してた?


そんな気がしました。