男性全員と話が終わり、どの人が気に入ったかアンケートを取ります。


気に入った人の番号を書いて提出。


 


集計している間は少し時間があったので、お茶を飲んでいました。


(この時、積極的な人は異性に話しかけていた)


 


そして


f:id:oba_kan:20180308082022j:image


f:id:oba_kan:20180308082202j:plain


この時間はかなりドキドキ…。


 


この時間はいつまでも慣れることは無いかもしれません。


 


 


そして、中間発表の結果は


f:id:oba_kan:20180308082030j:image


複数の人に〇を付けて紙を提出しました。


 


(私に〇をつけてくれる人はいないだろうと思っていましたが、


やはり少しは期待してしまいます。


いや、かなり期待していたかもしれません。)


 


集計が終わると一人一人に紙が配られます。


そしてその紙に<自分に〇をくれた人>が書かれています。


 


 


たった一人、〇をつけてくれていた人がいて、

その人とマッチングしました。(中間発表だからマッチングとは言わないかも)


f:id:oba_kan:20180308082035j:image


一人でもとてもうれしい。


 自分に〇をつけてくれたという事がとてもうれしいです。


 


声が出そうなくらい気持ちが高まりましたが、そんなことはできないので


心の中で踊っていました。


 


お互いに〇が一致したのは


f:id:oba_kan:20180308082037j:image


Eさんです。


 


 次回に続きます。