*初めての方へ*デブスアラフォー日出子の婚活ブログに来ていただきありがとうございます。
このブログでは私の過去の婚活体験談日常のなんてことのない出来事を描いています。
読んでいただけると嬉しいです。
自己紹介はコチラです→登場人物紹介



第1話はコチラから↓

前回のお話はコチラから↓





婚活中の私、日出子。
社会人サークル活動を通じて知り合った6歳年下のVさんが気になります。

何とか少しお近づきになることに成功した私は、Vさんとドライブ…。

楽しいドライブ(ときにビックリ発言もありましたが)も、もう良い時間。
もうそろそろかえろうかしら


Vさん…そろそろ…。
Vさんに帰ることを告げた私。


そろそろ何?


そろそろ何ですか?


寂しいというVさん
…。

……。


うれしすぎる言葉
なんだかかわいいな~と思った瞬間でした。

(棒読みだし)絶対にそう思っていないのは分かるんだけれど。

『さびしい。』というストレートな言葉の威力。

甘えられているというか、彼の素を出してもらった感じがとても嬉しいのでした。

社交辞令だよね…
社交辞令を本気にしてはいけない…。

と、思ってはいるものの…嬉しくてニヤけそうになったのを必死に我慢したのでした。


続きます。
・・・・・



ポチっとしていただけると喜びます↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


過去記事はコチラから↓
*サークルで出会った年下男子
前編(1話~50話)はコチラから→【前編まとめ】
【51】 【52】


日出子の高校時代の事件↓



LINEで更新のお知らせが届いてそのまま読むことができます。
↓登録してくれたらめちゃくちゃ嬉しいです!
LINEで読者登録する